(屏東) 小林村、美濃旗山一日遊PA02

失落的地平線 風華再現

【小林村、美濃旗山一日遊】

發現失落的地平線  懷舊之旅

※旅遊行程:

     0830高雄火車站

0900高鐵左營站

→小林村紀念碑、小林村文化博物館、小林國小

→客家風味午餐【為方便個人口味,請自費選擇】

→美濃敬字亭、東門樓、民俗村

→旗山老街巡禮

→結束愉快又知性的一天,啟程返家。

 

早餐:X       

午餐: 客家風味餐 (客人自理)       

點心:旗山香蕉冰

 

※景點簡介:

小林村紀念碑

 

小林村遺址是為了紀念200989日凌晨莫拉克風災中遭土石掩埋的462位村民。小林村紀念公園是災後重生的小林村倖存者的安慰。

Kobayashi village site to commemorate the August 9, 2009 in the early morning storm Morakot buried by debris of 462 villagers. Kobayashi Village Memorial Park is reborn Kobayashi village disaster survivors comfort.

小林村のサイトには、462村人の残骸に埋もれ早朝の嵐モラコットで2009年8月9日を記念して。小林村記念公園生まれ変わっ小林村の被災者の快適です。

 小林村博物館

原高雄縣小林平埔文物館,是國內第一座平埔族文物館,但歷經莫拉克颱風災變後,已和小林國小一同被土石流掩埋。歷經災後重建再出發,新建的小林平埔族館乃國內第一座平埔族文物館,屬於公立之人類學博物館。了解早期漢人來到臺灣拓墾與原住民群居的歷史文化紀錄。

Kobayashi Pingpu former Kaohsiung County Museum, is the first Pingpu Museum, but after Typhoon Morakot disaster, the country has been, and Kobayashi small landslides buried together. After re-start reconstruction, the new museum is the first domestic Kobayashi Pingpu seat Pingpu Museum, belong to the public of the Museum of Anthropology. Learn the early Han Chinese came to Taiwan Aboriginal land reclamation social historical and cultural record.

小林Pingpu旧高雄県美術館は、最初Pingpu博物館ですが、平成21年台風第8号の災害の後、国がされており、小林小さな地滑りが一緒に埋葬されました。再スタート再構成した後、新しい博物館は、国内初の小林Pingpu席Pingpu博物館があり、人類学博物館の公衆に属します。学ぶ早い漢民族は台湾アボリジニ干拓社会歴史的、文化的なレコードになりました。

 小林國小

 

遭受莫拉克風災重創的小林國小,設計團隊以「學習的天空之城」為理念,利用原有地勢,將地面層層抬高,校舍猶如衛城般落於高處,讓學生有安心受保護之感,見證小林國小的重生。

Typhoon Morakot battered Kobayashi suffered a small country, the design team to "learning city in the sky" concept, using the original terrain, the ground layers elevation, buildings like the acropolis-like fall in height, so that students feel at ease by a sense of protection, Kobayashi witness the rebirth of a small country.

学生がによって容易で感じるように、平成21年台風第8号は、元の地形、グランド層の高さを使用して、「空に街を学ぶ」をコンセプトに、小林は小さな国を受けた高さのアクロポリスのような秋のような建物を設計チームを連打保護感、小林は小さな国の復活を目撃。

美濃敬字亭、東門樓、民俗村

 

敬字亭為唯一被列為三級古蹟,其建築且已有百年歷史,客家人惜紙如金,不忍褻瀆而建設焚燒字紙的亭子。本亭之建築為磚造六角形三層式的平面格局,完全以清水磚砌成,造型古樸優美,裝飾並不多,在亭前設有製字先師倉頡公的香位。

Also known as the Holy Pavilion or Confucius Pavilion, there are currently four Literature pavilions in Meinong, and the one on Jhongshan Road is classified as a class 3 historic landmark. This century-old pavilion is a burning tower for paper; it represents Hakka's value of cherishing paper and words.

美濃永安路の突き当たりにある東門楼は250年前に建造されました。その後、2度の再建を経て、龍や鳳を模したクラシカルなスタイルを取り戻しました。両脇には、「門前帯水環青美、楼外屏山積翠濃」と書かれた石柱が立てられています。最初と最後の言葉「門楼、美濃」が対で意味をなしており、上から読んでも下から読んでも、それぞれ門や楼閣内外や美濃の風景を意味しており、韻の奥深さを味わうことができます。

旗山老街

旗山仿巴洛克式街屋,均為二層建築。除了磚木造,也有水泥結構。屋架為木造斜頂樓房,臨街的立面最具特色,常以鋼筋混凝土結構,並以清水磚、洗石子、再加磁磚裝飾,特別強調柱子、門窗、窗臺樣式、以及山牆繁複裝飾圖案,充分表現出當時師匠的巧思與技藝。

Chishan imitation Baroque townhouses, all two-story building. In addition to brick wooden, there are cement structures. Slant wooden roof trusses to the building, the facade facing the street most characteristic, often with reinforced concrete structure and bricks, Xidan Zi, plus decorative tiles, with special emphasis on the pillars, windows, window sills style, and gables complex decorative patterns, Carpenter division was fully demonstrated ingenuity and skill

 旗山の模倣バロックタウンハウス、全て2階建ての建物。木製のレンガに加えて、セメント構造が存在します。建物の傾斜木製屋根トラス、ファサードは柱、窓、窓枠のスタイルに特別な重点を置いて、多くの場合、鉄筋コンクリート構造やレンガ、西単紫、プラス装飾タイルで、最も特徴的な通りに面し、複雑な装飾的なパターンをゲーブルズ、カーペンター部門は完全に創意工夫と技術を実証しました。

 

※費用說明: 每人NT$1,799 (四人成行) 

0~2歲嬰幼兒不占位,每人酌收$300元行政費用。

3~12歲孩童若佔位,每人售價$1,599/人,12歲以上孩童為正常報價。

※費用內含: 

【含來回車資、門票、簡易導覽、保險、水、車導小費】

※建議自費項目:

【其他自費行程】 

【午餐因為當地提供多樣化的餐飲選擇因此不事先收費,讓您的選擇更自由、多元】                          

※其他備註:

【防曬、防蚊及禦寒用品請依個人需求攜帶】

 ※注意事項:

【給付小費是國際禮儀,建議每位客人每天給予車導NT $100元小費以資鼓勵】

 

 【如需要英文導覽,則為每位客人每天給予車導NT $300元小費以資鼓勵】

【南臺灣的香格里拉《霧台、禮納里好茶部落一日遊》與失落地平線的風華再現《小林村、美濃旗山一日遊》兩條行程可合為兩日遊。住宿部分禮納里好茶部落的家庭接待住宿費每人約新台幣800元,也可選擇美濃地區客家民宿,住宿費用每人約新台幣1500元,此筆費用請客人直接現場自行付款。】